A Day In The Life Of A Sushi Master • Tasty



僕の1日は本当に8名のお客様にあるようなもので出るって言っても過言ではない ぐらい 営業時間よりもよれ仕込みもすごく時間がかかってしまうので てつまりサーブする前にはもうすでに9割はすべて決まってるって言っても過言では ないぐらい 仕込みというのを大事にしています寿司のず店主の阿部望むです を阻止の勉強をし始めて約20年ぐらいがあったしますこれが僕の一部 ん ん [音楽] 朝はまず起きてすぐにお店に来るんですけれども まあその日にもよるんですけど忙しい日はだいたいまあ 8時半くらいに起きてくじいく人ぐらいにはお店みたいと思いましたん [音楽] をスタッフがあれ家事も入ってくれてるんである程度の下処理が終わってるんですよ [音楽] 魚が届いてそれのクオリティーのチェックだったり家で使っている坂川のまあ90%は だいたい日本から来ている豊洲から来ているので で家専門の場合ディアを受け豊洲においてその人と時間にお電話で話していいものは前 もって仕入れてもらって 日本から魚が届く前というのはやっぱり 楽しみでもあり不安な部分もあり素が両方あるような感じで 今のきた時っていうのはやっぱり主婦としては物凄く嬉しい反面 これも例えばダメだったりとか どういう段取りで七宝米はきちっとした時間で終わるかとかそういうのをチーム全体で 話し合ってそれから作業に取り掛かります [音楽] 献立を作りにあたってまず一番大事にしていることはまずその魚とーちゃんと話し合う と僕を焼いてくれだったり て僕がそのままも食べてプレイとか 僕のことをそのまま僕はちょっと寝かした方をしようとそういう風に言ってくれてる ような気もします 私に魚から声を聞けないんですけれどもその魚の餌一番良い部分を僕らやっぱり出して やるということが両輪の主だと思うんで まずはしっかりと脱水をさせて甘みだけをしっかりとの構成 寿司の税は土間伊豆市というスタイルのものをお客様に提供しているんですけれども 江戸前寿司っていうのは冷蔵庫のない時代に生まれたもので魚にお仕事をする魚に手間 をかける魚を付けたりとか 染めたり煮たり焼いたりですとパでパスしてとてもフレッシュな桃すごく考えると思う んです けれども江戸前とそうではなくてお寿司にする前に手間をかける [音楽] うちの店は8隻しかないんですけれども なぜかというといえば自分の目がすべて行き届くようにすべての料理に自分がベストを 尽くせる で1回店名が8時半に思って理解てるなっていうかお客様が9時に入られて a 4時間よりもに触れ仕込みにモスコ口がかかってしまうので 4時間の いつもサーブする前にはもうすでに9割はすべて決まっているといっても過言ではない ぐらい 仕込みというのを大事にしています それから11時くらいから始めてそれから34時ぐらいまでと言うとこう仕込みをして いるような状態でそれから食住を通って れすぐにセットアップ 一息つくっていうことはとても大事にしてます僕だけじゃなくてこうスタッフも含めて 仕事仕事ってこう詰めてしまうとこうどうしても気持ちも詰まってしまうのでどっかで 区切って一人ティレル ショート以外のこともちょこっと時間がないときはほとんど弁当になってるんですから [音楽] がどこかで区切って一息入れるっていうのは一生懸命 次に向かうにはすごく大事なことだと思っています [音楽] 訪朝については昔からよく言われたのは 自分の体の一部だからちゃんとケアをしなさいということはまあよく言われています あっ大大大志望校ん の包丁を使い分けるんですけど代打週に23回向こうまとめてだと言う 闘病な感じです none 前の日にある程度の今度体を更生させて咲かだを見て仕込みをして100%のメニュー が決まるのでそれからもう一ボードに 書き写すんですけれどもこれは寿司の前にとってもすごく大事なことで僕の頭の中に あるものをここに書きだしています すべてこのホワイトボードに 駆け出すようにこれが寿司の頭のブレーンになっています me 寿司の頭で大事にしていることはただ食事を食べる言うかではなくてやっぱりショート して 総合芸術として全てを楽しんでもらうように てもの場だったり花だったり 待合にいたるところまでお客様はどういう目線なのかという やっぱそれぞれの目線の先にはやっぱり綺麗なものな負担として教室雷牙を おけるようにはいつも努力をしています [音楽] でカウンターのセットアップ知ってまだいたいそれが5時過ぎぐらいで60くらいのお 客様があってすべての準備方ものってやっぱ魚だったり 器だったり店のしつらえのレーンを出して まるで本当に飛行機に乗って日本に来たかのようなそういうものがやっぱいつも演出し たいと思っているので それからもウェイトレスでサーバーとも話し合って魚にはこの器オス買おう これにはこのお酒を合わせようとかまあそういうことを話し合いながらチーム一丸と なってオープンに立ってみんなで行ってみます 何回行ってもお客様が着席されてこれからいた番に入る いう瞬間はやっぱりいつも緊張はしますね でこれから来営業に当たると言う前にを着替える 前掛けをギュッと締めた時にこれから始まるっていう やっぱり自分の中のスイッチでもあるので [音楽] 消去する投資長いたいのでうちの店で大事にしていることはやっぱり食事をするって いうわけではなく [音楽] 客様の交換を刺激するように見せるところ口を見せて取材のこのエネルギーだったり [音楽] そういうものでお客様の目の前で歯を見せるということはすごく大事にしているので 留学を延伸にもつながる そういう部分がショートして一つになるので me 種子を作りにあたって一番大事にしているところがシャリだと思ってます美味しいピザ というのはやっぱり記事がちゃん美味しいパスタだとパスタがしっかりしてて美味しい 昔の職人が良く言ったのはシャリーが8割でネタが3割 そのもベースになるものがおいしいおやっぱり 様やちゃんと完成されると思うございます ただ切って出すというわけでもなくて話したいですね エネルギーそういうものを食べる前にも見てもらってそれから食べてます [音楽] と料理を提供 様の笑顔を見た時がやっぱりそれが一番僕にとって嬉しい [音楽] で11時半くらいにに書いてもいいですね [拍手] [音楽] お客様が帰られてからそれから操縦してますの今日1日の反省だったりそういうことを 待ちことをみんなで話 a 12時くらいに掃除を始めて手間1時ぐらいで終わっ [音楽] 僕らの仕事というのはこれゴールがない仕事だと思う こうなったら正解とか今日はこの今度て向かって全員リベストず全員でお客様を楽しま せるん で今日はそれでもだと思っています [音楽] 次のメニュー考えて c 0 神明台第一時半くらい およそ歩いていると霧にもう電話をして何よりこれがいいという話を 豊洲にいる期限の時間にを出すことをすごく重要にしている [音楽] ん 店をつくった以上 つぶすわけにもいかないので みんなの思いがある以上に 本当にやるしかないと言う そういう気持ちでいっぱいです 支えてくれた人たちのためにも 頑張りたいです a について22時過ぎぐらいそれから食事をとって なるのが毎日です 抑え5表のつくばい学なるの証明として最後に残るんですけど はだがそれを見た瞬間にもんまいマー思ったな ことするの と当時にまた明日みたいな そういった気持ちがすごくあります ん [音楽]

20 thoughts on “A Day In The Life Of A Sushi Master • Tasty”

  1. I would love to work for this guy, I know it would be an incredible challenge because of his high standards but the inspiration and wisdom he has at his age is invaluable, more important than the paycheck I would get from him. Being around a Japanese like him really makes you want to go all out in life and do your best in everything you do. His masters should be very proud of their disciplined student. What an excellent human being.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *