アメリカカンザイシロアリがもたらす被害の真実

深刻な被害が拡大中!アメリカカンザイシロアリの恐怖と対策法 深刻な被害が拡大中!アメリカカンザイシロアリの恐怖と対策法

大きな被害に遭う前に知っておきたいアメリカカンザイシロアリの実態

外観

アメリカカンザイシロアリがどうしてここまで話題になっているのか、恐ろしい習性と住まいに対する影響を紹介します。

アメリカカンザイシロアリの怖さ

アメリカカンザイシロアリは空を飛ぶって本当ですか?
これまで国内にいたシロアリは土壌を伝って侵入しますが、アメリカカンザイシロアリは違います。空を飛んであらゆるところから侵入するため、経路を全て塞ぐ対策ができません。空を飛んで侵入する習性があるため、蟻道無しでも侵入できます。はっきりとした侵入経路が分からないと素人目では発見が難しく、気付いたときには被害が拡大している状況です。アメリカカンザイシロアリのリスクをしっかり理解して、予防対策を考えましょう。
どれぐらいのスピードで繁殖しますか?
アメリカカンザイシロアリが巣を作っても、数カ月で2~5頭が孵化、2年目で12~20頭になる程度です。通常のシロアリと比較すると繁殖スピードはゆっくりですが、発見が遅れるとリスクです。5年目になる頃には約800頭、15年目になると2500頭を超えるとも言われています。この頃になるとコロニーがいくつもできているため、根絶は難しくなります。侵入してすぐの段階でシロアリ対策業者に相談して、根本的な解決を目指しましょう。
アメリカカンザイシロアリの影響で建物が倒壊する危険性はありますか?
アメリカカンザイシロアリのこわいところは、柱の内部を全て食べ尽くしてしまうことです。柱や住まいの基盤の内部がぽっかりと空洞になった場合は耐久性に深刻な影響が出てくるため、倒壊するリスクも考えましょう。

危機感を持とう

昔から国内にいるシロアリだけでも住まいにとっての脅威ですが、アメリカカンザイシロアリの怖さは別格です。問題を見ないふりして放置している間にも、どんどん被害が広がって、最悪の状況では倒壊するリスクもあります。アメリカカンザイシロアリに対する危機感をしっかり持って、日常的なシロアリ対策や予防策を徹底しましょう。

TOPボタン