外来種・アメリカカンザイシロアリの適切なシロアリ対策のヒント

深刻な被害が拡大中!アメリカカンザイシロアリの恐怖と対策法 深刻な被害が拡大中!アメリカカンザイシロアリの恐怖と対策法

日本に多く生息しているシロアリより駆除が困難

白蟻被害

アメリカカンザイシロアリという外来種が増えてきて、深刻な被害が広まっています。どんなところがこれまでのシロアリと違うのか、アメリカカンザイシロアリの特徴を正しく理解しましょう。

アメリカカンザイシロアリの駆除が難しい理由

水が無くても生きられる
日本に多く生息しているシロアリは水分が無いと生きていけないので、生息箇所が限定されます。アメリカカンザイシロアリは水が無くても生息できるので、被害はどんどん広がります。乾材の中に残ったわずかな水分でも問題ないため、輸入材と一緒に入ってきます。これまでのシロアリのように湿気対策だけで対応できないので、予防対策も困難です。民家に住み着くと家全体がターゲットとされて住み処を広げていくことが、駆除が難しい理由とされます。
蟻道を作らない
シロアリ対策は侵入経路の特定からはじまりますが、アメリカカンザイシロアリは蟻道を作りません。どんなルートで住まいに入ってきたのか特定しにくい傾向があり、プロでも頭を悩ませるところです。木材の内部を食い荒らして移動していきますが、外から見ただけではどのくらいまで被害が広がっているのかわかりません。被害レベルを完璧に把握するためには柱や壁を剥がして内部をチェックする必要があり、大掛かりな作業を行うことになります。
コロニーが小さい
コロニーが小さく何カ所にも分散して生息することも、アメリカカンザイシロアリの特徴です。あるコロニーを特定しても数10匹程度しか中にいないため、高い駆除効果は得られません。ゆっくりとした進行スピードで被害を拡大していって、最終的には大きなダメージにつながります。気付いたときにはコロニーがいくつも作られていて、大規模メンテナンスが必要になるケースもあります。早い段階で専門家の診断を受けて、根本的なシロアリ対策を検討しましょう。

ここで紹介したような理由からアメリカカンザイシロアリは駆除が難しく、シロアリ対策のプロでも頭を悩ませる問題です。イエシロアリやヤマトシロアリ以上に早期発見が重要で、被害拡大する前に本格的な対策を進めていきます。

アメリカカンザイシロアリ対策をしよう

業者でも難しいアメリカカンザイシロアリ対策ですが、被害に遭った場合はどうしたらいいのか、プロが推奨する対策例を見てみましょう。

アメリカカンザイシロアリの効果的な対策方法

燻煙処理とホウ酸塩処理対策をするのが一般的です(シロアリ駆除業者)

アメリカカンザイシロアリの被害に苦しむ先進国では、燻蒸処理もしくはホウ酸塩処理で対策するのが通常です。日本で燻煙処理をするのは難しいのが実情ですが、ホウ酸塩処理なら依頼できるシロアリ対策業者が見つかるでしょう。ホウ酸塩処理とは、外壁や柱などシロアリに狙われやすい箇所をホウ酸でコーティング、食害を最小限に食い止める方法です。即効性が期待しにくいかわりに長持ちしやすいシロアリ対策で、再発防止効果も期待できます。

TOPボタン